血液サラサラ食材

血液サラサラに効果的な食材は、実に広範囲に及びます。
覚え方は、「お魚、好きやね」
「お魚」とありますから、もちろん魚も入っていますが、それだけではありません。
音読みだけを書き出すと、「オサカナスキヤネ」
つまり、お茶、魚、海藻、納豆、酢、キノコ、野菜、ネギ類の頭文字をつなげたものです。

 

まず、お茶特有の渋み成分カテキンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用や抗菌作用に加え、血液の血糖値やコレステロール値を下げる働きがあります。ベストは、緑茶ですが、紅茶、ウーロン茶、麦茶などでも、それ相応の効果は見込めます。

 

続く、は、特にイワシ、サバ、サンマなどの青魚が、血液サラサラの食材として適しています。サラサラ成分DHAやEPAが豊富で、血流をスムーズにしてくれます。

 

3番手の海藻は、ワカメや昆布に代表される、独特のヌメリ成分が特徴的です。その主体はアルギン酸で、血糖値やコレステロール値を下げる働きをし、コレステロールを体外に排出してくれます。

 

4番手の納豆は、特有成分ナットウキナーゼが注目を集めています。血栓を溶かす働きがあり、血液サラサラに直結しています。原料の大豆事態に、高血圧や動脈硬化を予防するイソフラボンが含まれ、優れた食材に挙げられます。

いずれもそれなりの量を摂るべし

続いて、酢、特に黒酢には、疲労回復効果もあるクエン酸が、赤血球の膜の柔軟性を高める働きがあり、血流サラサラ度を上げ、血中の老廃物も排出してくれます。
キノコは、特有のβグルカンが、免疫機能をアップさせる他、血糖値やコレステロール値を下げる働きがある食材です。

 

しまいに、ビタミンCやβカロテンが豊富な野菜は、強力な抗酸化作用に、血液サラサラ効果が期待できます。
タマネギのケルセチンやアリニンなど、ネギ類も高い血液サラサラ能力が認められ、このところ評判を高めている食材でもあります。

 

ただ、ここに挙げた食材も、それなりの量を摂らなければ十分な違いが生じないようです。
たとえば、DHAとEPAという必須脂肪酸も「青魚のサラサラ成分」として知られていおり、厚生労働省でも食事摂取基準を定めているほど有用な栄養成分ですが、その量を青魚であるマイワシで摂るとすれば、約40g以上、クロマグロの赤身ならばお刺身約9人前以上になるのです。

 

それだけの量のお刺身を毎日いただくことは不可能でしょう。

 

そこで注目されるのがサプリメントというわけですが、ただ、サプリメントにも注意すべき点があります。
というのは、DHAは酸化しやすいので、サプリメントとして長期保存していると新鮮度が失われる可能性があるのです。
なので、そういった酸化対策や安心できる原材料選び、信頼できる製造や品質管理がサプリ選びの必須ポイントになります。
サラサラサプリとしてDHAを選ぶならば、大手メーカーの安心できるものを選ぶべきでしょう。原材料選びやその管理だけでなく、酸化対策もしっかりされている製品ならば、そうでない製品と比べて、体内に摂られてからの働き方も違うはずです。
※日本でイチバン売れているDHAサプリこちらクリック!
※当サイトとは違うサイトのページが別ウインドウで開きます。

 

 

また、当サイト別ページにて厳選したサプリ情報をわかりやすくまとめてあります。よろしかったらこちらも参考にしてください。⇒サラサラサプリ・プチランキング

 

 

 

更新履歴